忍者ブログ
なのフェイなの なネタ投稿部屋。
Posted by - 2017.09.25,Mon
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by リー - 2010.06.04,Fri

うん。ちょっと色々な物に追われてましたが、やっと落ち着き始めたので更新ー。いや、まだやらなきゃならない事は多いんですがね。

でも更新頑張る。私の頑張るはあまり期待しない方がいいんですが(笑)

とりあえず、小説行きますぜー!!
続きからどぞ。




 

今夜は、満月だった。窓からぼんやりと見つめながら、満月の色に彼女を重ねる。
自分の身の回りが慌ただしかった事もあり、数日間フェイトには会っていない。だが、忙しい日々も一段落したし、今日は金曜日。食事の日だ。

飢えているフェイトが来ない筈がない。そう考えると、後ろから気配がする。フェイトが来たのだ。
来る事は確信していたのに、何故か来てくれた事に対して嬉しさと安堵を覚える。それは、自分がフェイトに心のどこかで会いたがっていた証拠だ。そう思うと、急に恥ずかしさが込み上げて来た。


「なのは」


不意に名前を呼ばれる。フェイトは視線で自分が座っているベッドの隣を見る。それが座っても良いか許可が欲しいという事だと理解して、黙って頷くと、フェイトは隣へ座った。ベッドが僅かに揺れる。


「なのはは、私に会いたくなかった?」
「ふぇ?な、何で!?」
「だって、ここ数日間は呼ばれなかったし、連絡もしれくれないし…。もう会いたくないって思われてるのかと」
「ち、違うの。数日間ちょっと忙しかったから、夜も疲れて寝ちゃって…。別にフェイトちゃんに会いたくないとか思ってた訳じゃ…」
「…じゃあ、会いたかった?」


フェイトの質問に、漸く自分が誘導されていた事に気付く。よく考えてみれば、フェイトはこちらの会話や行動はある程度知る事が出来る。気になったのなら、探れば済むフェイトがこんな質問をするなんて、変だ。


「ひ、酷いよフェイトちゃん。誘導するなんて…」
「誘導されたなのはの負けだよ。それで、会いたかった?会いたくなかった?」


繋がっているのだから、わかっているくせに。なのにこうして言葉にさせようとするフェイトは意地が悪い。
仕返しに嘘を吐いて「会いたくなかった」とでも言ってやると思ったが、気持ちが相手にわかっているのだから無駄だと考え、止めた。


「…い、たかった……」
「ごめん。よく聞こえなかった」
「…っ!会いたかったの!!」


顔に熱が集まっていくのがわかる。恥ずかしくて俯くと、フェイトはクスリと笑い、後ろから抱き締めた。熱のない、冷えた身体の感覚が布越しに伝わる。


「やっぱり、なのはは可愛いね」
「もう冗談言わないでよ…」
「冗談じゃ、ないよ。本気で言ってる。なのはだって、繋がっているんだからわかる筈だよ」
 

わかるとは言うが、普段通りにしていても感じ取れるフェイトとは違い、自分は集中しなければ感じ取る事は出来ない。目を閉じて集中すると、次第にフェイトの魂の存在を認識する。確かに、嘘ではないようだ。


「ね?本気だったでしょ」
「うん…」
「どうしたの?元気、ない」
「フェイトちゃん、怪我してるでしょ?」


魂は真実しか語らない、とフェイト言うが、改めて実感する。嘘かどうかを判断するだけのつもりだったが、それ以外の事も見えてしまった。それが、フェイトは怪我をしているという事実。

表情にも出さないし、何より感覚で重い怪我ではない事は確かだが。そう尋ねると、フェイトの眉が顰められる。どうやら、機嫌を損ねてしまったようだ。


「ご、ごめんね。見るつもりじゃなかったんだけど…」
「ううん。その事で怒ってるんじゃないよ。そうじゃなくて……なのはは、こういうの心配する人だろうから。心配させたくなかったのになって思ってたのに、自分の魂を見ろ、なんて言った自分に怒ってるの。軽率だったって…」
「そっか…。痛くない?」


服の上からそっと傷があるであろう肩へ触れる。すると、僅かにフェイトの身体がビクリと動く。平気そうな顔をしてはいるが、痛いのだろう。あまり触れるべきではないと思い、手を引くと、今度はフェイトの手が伸びて、パジャマのボタンを一つずつ外していく。
 

「痛い…けど、大丈夫。すぐ治るよ。いつもなら治りも遅いけど、今日はなのはの精気を吸えるから」


胸元に直に触れて、更に奥深くまで入り込む。フェイトの手がそっと魂に触れた瞬間、フェイトの紅い瞳がこちらを見た。


「なのは、いくよ」
「う、ん…」


控えめに返答をすると、すぐにフェイトが精気を吸い取る。急な刺激に大きく身体が跳ねると、フェイトが一度、手を休めて口を開く。


「…急過ぎた?」
 

フェイトの問いに黙って頷くと、今度は先程と違いゆっくりと吸われる。強くて、頭が真っ白になるような刺激は、、快感に変わる。初めての感覚に、知らず知らずのうちに声が漏れた。


「っあ、ふ…っや…」
「…気持ち良いんだね」


確かにそうだが、それでも刺激が強い。それに伴って生理的に涙が頬を伝った。フェイトの舌がそれを掬い取ると、お互いの身体の距離が近くなる。


「もう少しだから、我慢してね。すぐ終わらせるよ」


何かに縋っていたくて、フェイトの背中に手を回し、服を強く掴む。それを宥めるようにフェイトの手が、背中を撫でる。暫くして、魂に触れていた手が放された。それと同時に虚脱感に襲われる。


「はい、終わり。お疲れ様、なのは」
「ん…」


未だに身体を支えてくれているフェイトに悪いと思い、身体を動かそうとするが、全く動かない。そんな自分の様子に気付いたフェイトは微笑むと、抱き上げてベッドへ寝かせてくれた。


「気を遣わせちゃって、ごめんね。疲れたでしょ?寝てもいいよ」


もっとフェイトと話していたいという気持ちもあったが、休みたいという気持ちの方が勝り、素直に従って目を閉じる。そこから眠りにつくまで、さほど時間はかからなかった。



* * *



次に目を覚ますと、外が薄暗い。どうやら、真夜中と呼べる時間帯は通り過ぎたようだ。起き上がって、昨日ここへいた筈の死神の姿を捜すが、もうどこにもいなかった。


(――フェイトちゃん?)


前に教えて貰ったようにフェイトの名前を呼ぶ。すると、少し間を置いてからフェイトの声が返って来た。


(――ん…なのは?起きたの。会いたくなった?)

(――そうじゃなくて…。怪我、してたのに…一体どこに)

(――ごめんね。黙っていなくなって。仕事だったから…。でも大丈夫。もう殆ど治ってるから。なのはは心配する必要ないよ)


言葉だけでは不安が拭い切れなくて、フェイトの魂を見る。すると、咎められるようなフェイトの声が聞こえた。


(――なのは。今、魂見たでしょ。そんなに信用ない?)

(――だって、フェイトちゃんは隠したりするから)

(――それは…ごめんね)

(――もう、それは良いよ。それより、仕事でしょ?邪魔したら悪いから、もう切るね)


フェイトの返事を待たずに会話を終わらせる。家の朝食の時間まで、まだ時間がある。
もう一度寝ようと思い目を閉じるが、暫くの間、睡魔はやって来なかった。

 


 

 


後書き
わーい、ちょこっと意地悪フェイトさん目指してみた。まぁ、撃沈しましたがね。何で自分のなのフェイは萌えないんだ…!!これじゃ補給にならない……
次回もちゃっかりもう頑張って書き始めてます。暫くしたら更新出来ると思いますよ。
その前にきっとえっちな方が更新されるかと思いますが。

さて、そろそろ寝ないと明日やばい。お休みなさい!!

拍手[14回]

PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
プロフィール
HN:
リー
自己紹介:
なのはさんフェイトさんばっかりのSSサイト。
なのはさんとフェイトさんが幸せならそれでいいです。
パラレルが多いような気がします。

ちなみにリンクフリー。報告はしなくてもいいですがされると非常に喜びます。

mixi出没してます。メッセージ等送る場合は「ブログ見た!」と一報くれると助かります。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
[11/29 紅-蒼]
[11/06 金色の閃光]
[11/06 金色の閃光]
[09/21 リー]
[04/07 せき]
最新TB
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]