忍者ブログ
なのフェイなの なネタ投稿部屋。
Posted by - 2017.12.16,Sat
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by リー - 2010.05.15,Sat

 

お久しぶりですー。
わーいどんだけ休んでるんだ自分。
そんな訳でなのフェイ…ではなくフェイなのパロディ(笑)
これ、続く…のかな……。続けられそうなら続けてみる事にします。
とりあえず、興味ある方はどうぞ。

‐7月20日追記‐
文章ちょこちょこ修正しました。
 


 


いつもと変わる事のない日常。

学校へ行って、授業を受けたら家へ帰って、寝て、また起きたら同じ事の繰り返し。そうして毎日が過ぎて行くと思っていた。なのに、今自分の目の前に立つ女性は、そんな日常を容易く壊した。


「こんばんは」
 

どこからともなくやって来た女性が、何食わぬ顔で挨拶をする。そんな突然の出来事に、目の前の女性を見つめたまま何も言わない。否、何も言えない。

いくらなんでも、音も立てずに急に現れた怪しい女性と仲良く挨拶出来る程、順応性は高くない。


「…挨拶出来ないの?それとも、話せない?」
「…貴女、誰ですか?」
 

やっとの思いで声を振り絞り、問う。すると、突然話し出した事に驚いたのか、彼女の眼が大きく見開かれた。そして、すぐに笑みへと変わる。

綺麗な顔だ――素直にそう思った。


「そうか、不審に思ってたんだね。私達にとってはこうして入って来る事なんて普通だけど、人間には刺激が強過ぎたかな」
 

一人で呟きながら自己解決している。かと思いきや、突如こちらへ振り向いて口を開いた。大人だが、子供っぽさが残ったような笑顔だ。まるで好奇心旺盛な子供の様な。
 

「そういえば、君の質問に答えてなかった。私の名前はフェイト」
「フェイト…。運命…?」


直訳した日本語を添えて、彼女の名前を呼ぶ。すると、彼女は嫌悪を含んだような苦笑を浮かべた。


「そんな綺麗な意味に解釈しないでよ。気持ち悪い。私の言っているフェイトは、死とか、破滅の意味」


綺麗なのに、気持ち悪い。そんな矛盾を不思議に感じた。普通、綺麗な名前なら喜ぶのではないのか。


「私、変…かな?」
 

こちらの考えを読み取ったようで、今度は彼女からこちらに質問が向けられる。答えなければと思い、彼女に向かって頷きながらも口を開く。


「変、だよ。死とか、破滅とか、そんな意味の名前が良いなんて」
「良いとか悪いとかじゃないけど、そうでなければ変じゃないかな。だって、私は死神だから」


言葉を遮られるように告げられた真実。死神――それならば、死や破滅の意味の名前の方を好むのも、着ている変な服も納得出来る。

だが、一つの疑問が解決すると、新たな質問が浮かぶ。彼女は、何をしに来たのだろうか。

その答えは考え付く限りでは一つしかない。死神なのだから、人が死ぬ時にしか現れないのではないだろうか。そう思うと、急に彼女の存在が恐ろしく感じた。


「な…何しに、来たの…?」
 

彼女からなるべく距離を取るようにベッドの上で後ずさる。だが、彼女は笑みを浮かべて、下がった分だけこちらに向かって進む。やがて、逃げ場はなくなり、追いつめられてしまった。

何をされるのかわからずに身構えると、彼女の手が頬へと触れる。それに過剰に反応してしまい身体を竦ませると、彼女はくすりと笑った。彼女の手の冷たさが、生きていない事を証明していた。


「…怖いの?」
「だって…っ、死神は…」
「うん。人間を狩る事が仕事。仕事は嫌いじゃないよ。寧ろ楽しい…かな」


頬へ添えられていた手が首筋へ触れる。冷たさの為か、まるで鋭利な刃物を突き付けられているようにさえ感じられた。

どうにかして抵抗しなければと思ったが、目の前の紅い瞳がそれを許していないように感じられて、動けなかった。


「…でも、君はまだ殺さない。ううん、殺せない」
「え……?」
「君は、まだ死ぬには早過ぎるから。死神も、無闇に人を殺している訳じゃない。死期が訪れた人間しか狩る事は出来ないしね。君は、まだ死期ではないから」
 

彼女の言っている事が嘘とは感じられない。そう思い、少しだけ身体の力を抜くと、彼女は嬉しそうに笑って、更にこちらへ近付いた。
 

「今日、来たのはね。興味があったから」
「興味?」
「うん。君は、普通の人間よりも強そうだし、何より可愛いし」
 

可愛い、という言葉に思わず顔が熱くなる。そんな姿を見て彼女は不思議そうに首を傾げながら、首筋へ伸ばしていた手を再び頬へ置いた。
 

「熱いの?ほら、私の手…冷たいから」


先程まで熱かった頬が冷えていくのが心地良くて目を閉じる。その時気付いてしまった。彼女の手が、僅かに震えている事に。
 

「どうしたの…?」
「ん?何が…?」
「手、震えてるから」


頬へ触れている手にそっと触れると、今度は彼女の身体が強張る。不思議に思い首を傾げると、恥ずかしそうにこちらを見る。
 

「……人間に、触れた事ないから。壊しちゃいそうで」


そんな彼女が何だか可愛らしく感じて、思わず笑う。すると、彼女は暫く、少し怒ったような表情を浮かべていたが、やがてつられるように笑い出した。


「っふふ…ははは……。君って、面白いんだね」
「そういう貴女こそ。白い死神なんて、聞いた事ない」
「死神が黒いなんて、人間が勝手に抱いたイメージじゃない。まぁ、確かに死神には黒い装束が多いけど。でも、他と同じなんて…面白くないでしょ?変わってるだけだよ」


そう言って、今度は同時に笑い出す。

その直後、彼女の傍から声が聞こえる。彼女もそれに気付いたようだ。


「バルディッシュ?…あぁ、うん。そうだね、行こう」


彼女は一頻り会話を続けた後、こちらへ向いて残念そうに微笑んだ。


「ごめん。仕事が入ったから…もう行かなきゃ。それじゃ」
「ま…待って!私、まだ――」
「きっと、また会いに来るよ」


引き止めようとしたのだが、既に彼女は消えていた。あまりの速さに、先程の事は全て夢だったのではないかと思えて来る。


「…フェイト」


先程、彼女が教えてくれた名前を呼ぶ。触れた手の感触はまだ残っていた。

――夢じゃ、ない。


 

 

 

後書き
補足しますと、フェイトさんは外見年齢的には二十歳くらい。なのはさんは多分…中高生ではなかろうかと。や、高校生です。
死神死神言ってて不意に思い付いたネタですが、きっとこのままうまくいく筈がないんだ。プロット通りに進まない事が約六割の確率で起こるのが、私のクオリティー。

とにかく、ここまで有難うございました。

拍手[13回]

PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
プロフィール
HN:
リー
自己紹介:
なのはさんフェイトさんばっかりのSSサイト。
なのはさんとフェイトさんが幸せならそれでいいです。
パラレルが多いような気がします。

ちなみにリンクフリー。報告はしなくてもいいですがされると非常に喜びます。

mixi出没してます。メッセージ等送る場合は「ブログ見た!」と一報くれると助かります。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新CM
[11/29 紅-蒼]
[11/06 金色の閃光]
[11/06 金色の閃光]
[09/21 リー]
[04/07 せき]
最新TB
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]